アフタートラベル

終了:プレミアプロ(Adobe Creative Cloud)が ブラックフライデーで安かったので買いました

プレミアプロ(Adobe Creative Cloud)が ブラックフライデーで安かったので買いました

旅活ブログでは
旅行記ブログや旅行記YouTubeの動画編集(プレミアプロ)、
デジタル一眼レフのRAW現像、写真の加工編集(フォトショップ)、
イラスト作成にもイラレ(Adobe Creative Cloud (Adobe CC))を使ってます。

AmazonのAdobe 期間限定12/3まで
※AmazonのAdobeブラックフライデーセールがすっごく安かったので
Amazonで買いました。

一方、「Adobeホームページ」では:期間限定11/26まで

アドビー Adobe CCは今回で3回目の購入

Adobe CCは今回で3回目の購入です。

正式名称は
「Adobe Creative Cloud コンプリート 12か月版 Windows/Mac対応 オンラインコード版」
アドビー クリエイティブ クラウド

※ご注意 今回の購入したのも「12ヶ月版」です。

他に24ヶ月、36ヶ月用がありますが、
「12ヶ月版」程のプライスダウンではありません。(2021年11月16日時点)

「12ヶ月」を2回、3回と買った方が
24ヶ月や36ヶ月版を買うよりもとってもお得です。

理由: ↓ 12ヶ月版は 35%ものプライスダウン だから

「引き換えコード」のアクティベート方法

アクティベート方法も下記に紹介します。

既に使用中の方で2年、3年と必要な場合は

「引き換えコード」のアクティベート方法や
既に使用中の方で2年 3年と必要な場合は
下記の手順を紹介します。

アカウントのプランを確認

最初にAdobe アカウントのプランで
期限切れ「年月日」を確認します。

※厳密には「期限切れ」というよりは
 割引価格から通常価格に戻る年月日の事を指してます。

通常価格:「価格が6248円」に上昇する年月を確認します。
仮に2022年9月1日支払日6,248円/月となっていれば
2022年8月31日までが割引期間である事を覚えておきます。
Excelにスクリーンショットして保存しておく事をおすすめします。

アカウントのプランを確認方法

1)Adobe Creative Cloud Desktop
  または Photoshopを開いて右上のアカウントマーク(水色と青の円)をクリック
2)アカウントマークは、プロフィール写真の事なので、
  プロフィール写真を編集している場合は「水色と青の円」とは限りません。

  で、「水色と青の円」をクリックすると
  ネットにつながっていれば、Adobe Accountが開きます。

3)「プランと支払い」よりプランをクリック

4)「請求および支払い方法」を確認します。
  クレジットカード情報の下に
  次回の支払日 例) 2022年9月1日です。
  年間プラン ・・・・ の記述を確認します。

5)この部分をスクリーンショットしてExcelに張り付けるか
  jpeg等で保存しておきます。


12ヶ月版を(1回目)1回購入後
Amazonの
「アカウントサービス>ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリー」を見ると
「ダウンロードとコード」の中に
買った日付(注文日を参照)の
「引き換えコード」が表示されています。

例えば
 「123!-WERT-yu78-23fg-73bn-3333-99gn-9s4a」 のような並び方です。

アカウントサービスから「引き換えコード」

「引き換えコード」という文字を除いて
図では赤い枠内の数字のみ(ハイフンを含んでOK)をコピーします。

コピーした「引き換えコード(ハイフンを含んだ状態でOK)」を
「1.引き換えコードを入力」 の最初の枠内にて ペーストすると
全ての枠の中に一度にコードが入ります。

「コードを引き換え」ボタン

「コードを引き換え」ボタンを押す

・・・中略・・・

アカウントのプランが延びた事を確認

アカウントのプランで
期限切れの年月が 2022年 → 2023年に延びたことを確認します。

もう1年追加の場合

そして、
セール期間内(数量限定にご注意ください)に
再度12ヶ月版をもう1本購入し
引き換えコードを入力してアクティブにして、

アカウントのプランで
期限切れの年月が 2022年 → 2023年 → 2024年まで延びたことを確認します。

  図は 2022年 → 2023年です

Amazon Adobe ブラックフライデー 各製品

引用:AmazonのAdobe ブラックフライデーより

 ※※※ Amazonで「Adobe CC」がブラックフライデーセール中です。 ※※※

「Adobe CC」の他にもAdobe Ai(Illustratorイラレ)、フォトプランなどのセール中です。

Adobe Creative Cloudのセール再確認

セール内容
Amazonの場合 通常価格は 65,000円程
それが 今だけ
なんと 42,768~43,200円

通常価格は 6,248円/月です!
割引価格は月あたり 3,600円/月と格安です。

毎月の差額は 2,648円/月もお得になっているセールです

Adobe Creative Cloudの用途

Adobe Pr(PremierePro)で「旅行記 他 YouTube動画編集」に使ってます。
Adobe Me(Media Encoder)でエンコード:PremiereProのデータ変換に使ってます。
Adobe Pr(PremierePro)で「旅行記動画作成」データを作成し、
他社のソフト(オーサリングソフト)にてDVD・ブルーレイに焼いてます。

Adobe Ai(Adobe Illustrator)でイラスト作成に使ってます。
Adobe Ps(Photoshop)で写真編集・加工に使ってます。
Adobe Lrc(LightroomClassic)でデジタルカメラのRAW現像 に使ってます。
まだまだ、「Adobe Creative Cloud」を使い切れていませんが
動画編集をするならPremiereProが使えますので
フォトプランを解約して「Adobe Creative Cloud」に切り替えました。

Adobe フォトプランは 年間で24000円程。

動画編集のPremiereProや
イラストのIllustratorを追加して
更に他のソフトも使えて

ブラックフライデーセールでは 43000程なので
割安感があります(感想)。

元々、PremiereProは単体販売されていた昔は高いソフトでしたので
割安感・お得感を感じてます(感想)。

Adobe Creative Cloudを使う良い点は、
各ソフト間を連携して使える事も特徴のひとつです。

デジカメで8K写真を撮影し(4K動画は直接、PremiereProにて加工)
Adobe Lightroom Classicで現像し
Adobe PhotoShopで微調整し
Adobe PremiereProで動画や静止画を使った動きのある見せ方で動画を作ります。
Adobe Illustratorでサムネイル画像や途中に入れる記事やイラストを作ります。



※価格が安くなっている事を必ずLINK先にてご確認ください。

※期間限定の「ブラックフライデーセール」に付き、
 セールを終了している場合がありますので、ご注意ください。

※最後まで読んでいただきありがとうございます。
 このセールの情報が「Adobe CC」を必要としている方に届いて
 思い出の「旅行記作成」や「旅行記YouTubeなどの動画編集」
 のお役に立ちますように。 

こちらの記事もおすすめ