ドイツ・スイス旅行

旅行記用「撮影メモの作り方」を徹底解説 ~BeforeTravelを楽しむ~

美咲
美咲
旅行記用「撮影メモ」って何のこと?
あきら
あきら
よっしゃ!旅行記って、実は撮影準備をしておくと すっごくいいんだよ 何故かって? では紹介するね~

旅行記作成を想定した準備をする BeforeTravelの楽しみ方

Before Travel = 旅行準備 >>> 旅行記の準備とは

旅行準備は旅行用品を揃えるだけでは
もったいない

旅行から帰ってきて
旅行記を書いてみよう、旅行記動画やYouTubeを作ろうとしても
肝心の素材が足りない時があります

ネットで見つける「フリー素材」もいいけれど
できればその場に居た「自分がシャッターを押した」
その場にいた写真を使いたい

「素材が無い!」そんな反省を踏まえて
旅行記のことも考えて旅行準備をすすめる事を
おすすめします

この記事では
どのような「旅行記作成の準備」をすればいいかについて
ご紹介します。

旅行記作成準備:その1 旅行のイメージ作り

旅行記作成を想定した準備:その1 旅行のイメージ作り

「旅のしおり」を自作しました。旅行のイメージがしっかりと見えてくるので旅行に行く前から楽しめます。

旅行の内容は
旅行のしおり、旅行のパンフレット、旅行のガイドブック
旅行先をググって情報を見て参考にします。

おおまかなスケジュールをつかむ

羽田や成田から飛行機にのって12時間位で到着
そこで一泊するか最初のホテルまで移動するか?
乗り継ぎでもう1フライトする。

ホテルに到着
明日は観光地Aを訪ねる

ホテルに到着
明日は観光地Bを訪ねる

これを繰り返して
明日は帰りの便に搭乗
登場するまでの間
空港でお土産の買い物

おおまかなスケジュールを確認できた所で
この旅行のメインとなるのは?

旅行記準備:その2 メインディッシュを決める

旅行記作成を想定した準備:その2 メインディッシュを決める

旅行記作成を想定した旅行の準備として、
これだけは旅行記に残したい「メインディッシュ」を
1つを決めます。

いろいろあるでしょうが
あまり増やすと
シャッターばっかり押してしまい

実際の眼で見たり
呼吸をしたり

ゆっくりと過ごすという
大切な時間と空間を失いがちになるので
これは避けたいポイントです。

旅行のメインディッシュの具体例

例えば旅行のメインディッシュを
ドイツ旅行の場合「ノイシュバンシュタイン城」の見学とすると。

1つのメインに対していくつかの副菜級やデザート級の内容が浮かびます。

旅行記作成準備:その3 メインディッシュの「表現方法」を決める

旅行記の書き方例1:全体を流す展開

旅行記としては
上記の1から12までを並べてみるのも一例です。
メインディッシュのメインは
7.マリエン橋から望む「ノイシュバンシュタイン城」が絶景なので
素材は7.を中心に旅行記を作るやりかたです。
後から見ても全体像を思い出されます。

旅行記の書き方例2:要点をシンプルに

コンパクトにするには
4.フュッセンの街の様子
8.見学ツアー(撮影禁止のため別途素材)
9.ノイシュバンシュタイン城でのティータイム
見学ツアー内は撮影できませんので素材があつまりませんが
ノイシュバンシュタイン城内のカフェでのティータイムは
貴重なためおすすめです。
写真素材は
7.マリエン橋から望む「ノイシュバンシュタイン城」が絶景なので
旅行記には是非使いたい素材です。

旅行記の書き方例3:テーマに沿った流れ

ビールと旅行をメインに書く


ビール好きでメインの「ノイシュバンシュタイン城」をテーマにした場合は
テラスやカフェやバーでビールを飲んでいる様子と
7.マリエン橋から望む「ノイシュバンシュタイン城」の
素材をならべた写真や動画を使って旅行記にする。

グルメと旅行をメインに書く


グルメとメインの「ノイシュバンシュタイン城」をテーマにした場合は
7.マリエン橋から望む「ノイシュバンシュタイン城」の
素材とノイシュバンシュタイン城内のカフェでのティータイムの
様子やフュッセンでの食事シーンの写真や動画をとって旅行記にする。

旅行記作成準備:その4 旅行記素材の撮影シーン

旅行記用の写真や動画のことを「素材」といいます。
旅行に出発する前に、
その1では どのようなストーリーにするかを決めました
その2では メインディッシュを決めました
その3では メインディッシュの表現方法を決めました
その4   ここでは、旅行記用素材の撮影シーンをイメージしてみましょう

旅行記用素材の撮影シーンのイメージ

二人以上で行く旅行の時はあらかじめ

旅行記を作るので撮影する時に少しだけ
時間をくださいと念押ししておくといいです。

例えば、食事であれば
直ぐに食べ始めないで
数枚撮らせてね!

景色であれば
人が入っているシーン
三脚立てて自分自身も入っているシーン
更に、人が入ってないシーン
と動画撮影

と同じところで3、4パターン撮るので
協力してねっと念押ししておきましょう

と、旅行に行く前に、撮り忘れがないようにイメージを膨らませておくといいですね。

旅行記を想定して旅行準備とは「撮影メモ」の作成

旅行記作成準備:その5 旅行記素材「撮影メモ」の作成

旅行記素材撮影メモ:「全体を流す展開」の場合

日本から>>>欧州(パリ)へ

チェック 月日 場所 シーンメモ
12/20 出発空港 ひと入り・ひと無し撮影
空港の外観、飛行機、待合室、ラウンジ
12/20 機内 ひと入り・ひと無し撮影
座席周辺、機内食、窓の外
12/20 到着空港 ひと入り・ひと無し撮影
AIRSIDE、SITYSIDE、空港内移動、飛行機乗り継ぎ、電車乗り換え
12/20 ホテル ひと入り・ひと無し撮影
ホテル外観、窓からの夜景、受付、レストラン、部屋の様子
12/21 レストラン ひと入り・ひと無し撮影
夕食 ホール、メニュー、料理(ビュッフェ全体)、飲み物(銘柄)、レシート、テーブル装飾
12/22 レストラン ひと入り・ひと無し撮影
朝食 窓越しの朝陽(グラス越しの朝陽)、他同上
12/22 移動:鉄道 ひと入り・ひと無し撮影
駅の外観、電光掲示板、登場する列車、珍しい列車、時間があれば、人流の流し撮り※1
12/22 ひと入り・ひと無し撮影
観光地(オペラ座(ガルニエ))
バス外観:観光バス、移動に使ったバスなどの外観
観光地外観:入る前、出たあとで
見学コース内部:超広角と標準と望遠に(zoomレンズおすすめ)て
お土産屋さん:観光地ならではのお土産を入れて
パンフレット:ガイドパンフレット
12/22 観光地レストラン ひと入り・ひと無し撮影
ティータイム 隣の「ブティック リンツ オペラ」で頂くケーキ:オペラ、トイレキー番号が書かれたレシート
12/22 観光地 ひと入り・ひと無し撮影
・・・
12/23 移動・鉄道 ・・・
・・・ ・・・ ・・・
12/28 移動・AIR ひと入り・ひと無し撮影
帰国便:登場する便の期待外観、待合室、ラウンジ、搭乗ゲート(係員が写り込む場合は許可・確認
荷物:預かり荷物に渡す前にお土産で膨らんだ荷物
12/29 帰国 ひと入り・ひと無し撮影
荷物
12/29 帰宅 ひと入り・ひと無し撮影
荷物


※ひと入り・ひと無し撮影:人物が入った写真、自分も入った写真、自分たちは入ってない写真を撮る事をおすすめします。
※1:人流の流し撮りは、三脚を立てND400フィルターでシャッター速度10秒で撮ってみる。この結果の画像を元にISOも合わせて変える。

こちらの記事もおすすめ