ドイツビール

クリスマス・年末年始に送って喜ばれる、おすすめビール(我が家の冬の定番)

クリスマス・年末年始に送って喜ばれる、おすすめビールはこれ!

大小ビールメーカーが研究開発を進め品質評価・堪能評価もある中で責任を持って送り出され続けているビール。

うまいものだけが世の中に送り出されている。

飲んでみて「不味い」と思って途中で流してしまったビールは僕は今までにありません。

どれも美味しいが「こっちよりそっちが好き」ということはあります。
これを他の人で試してみても、他の家族で試してみても違いがあります。

再発売(新製品 2020年)サッポロビールから「エクストラモルト」


2020年11月に発売し
中味を進化させ、
2021年11月9日に再発売された「エクストラモルト」
は数量限定

飲んでみました

飲んだ感想

グラスに注いだ色合いは
濃い味を訪仏させるブラウンスルーゴールドで香りもいい
泡色泡立ち泡継続も文句なし

飲んでみて、
サッポロ黒ラベルをベースに感じ
旨味が更に高く
香りはグラスを離してスーッと鼻から吸いたくなる感覚
冬物語とは路線が違うところに苦味を持ってきている美味いビール

黒ラベルが大ヒットとなったきっかけ

黒ラベルが大ヒットとなったきっかけは
アメリカの日本食レストランに間違えて配送され
お客さんの眼に留まり

それを飲んだお客さんの感動・感激の美味さから広がったというエピソード
※引用:サッポロ生ビール 工場見学のビデオ視聴より

そして、冬の定番は
サッポロ冬物語 30年以上の歴史ある冬の定番ビール

ビールは嗜好品

ビールは嗜好品というもので人によって「好き・嫌い」があります。
よーく聞くと、好きのレベル・度合いがあるだけで、これは嫌いというのは案外少ないようです。

年末年始に「おうちクリスマス」や「おうち年末年始」をする方へは
その方に喜ばれるビールを送りたいものです。

この記事ではタイプ別ビールの好みを知って、送ると喜ばれるビールを紹介します。
※嗜好品につき、送る人と受け取る人には差異があるというリスクはあります。
 それは「好みを知るきっかけになり、チャレンジ」でもあります。

送り先の好み

親戚のおじちゃん

20年30年40年の付き合いのある親戚のおじちゃんは
ビールはキリンのラガーと決まっている。

銘柄を変えて送ったら、母親経由でやんわりと優しいクレームが来る。

僕がドイツビールの美味さを知って美味しいよと思ってドイツビールを送ったらやんわりとしたクレームが来る。

親戚のおばちゃん

全く別の親戚のおばちゃんにはプレミアムビールを送ったら大喜びされた。

更に「銀河高原ビール」を送ったら、またまた大喜びされた。

ドイツビールを数本だけ送ったら珍しさに喜んでくれて大切に大切に飲んでくれた。

仲間と行った飲み会の店・店・店

職場の仲間や趣味の仲間と友達やサークル・・・と一緒に飲みに行った店

キリンもあり、アサヒもあり、サッポロもあり、サントリーの店はあまり知らないが「プレモル置いてますの店」結局サントリーを置いてる店、と様々、仲間と飲むときは、ビールの種類が〇〇だから行こうとか?行かないとか?は無。一緒に飲む仲間はビールを超える。

僕はお気に入りの発泡酒がある。長い事箱買いでリピートしています。

ドイツ在住の20数年来の友達にドイツビールについて問い合わせをしたら、
アルコールは飲みませんが、問い合わせの答えは・・・・と教えてもらった。
そっか、アルコールを口にしない人もいるんであった。

相手の分析
色んな人がいるので直接か関節的に聞いてみるしかない。加齢と共に吞む量も減って、体調にも影響出てるかもしれない。そうなるとビールを送るより野菜ジュースを送ってあげた方が喜ばれるかもしれない。といった具合に、好みは人によって違いがあるし、体調の変化によっても違いが出てくることもある。

ビールの流派

戦後の復興は銀行主導であったため、おすすめのビールは決まっているらしい(厳密ではない)。

三菱グループは三菱銀行(三菱UFJ)、もの作りは三菱重工業、三菱電機であり、日本郵船、AGC、Nikon そしてビールはキリンビール

三井グループは電気は東芝であり、ビールはサッポロビール、サントリービール(三和系)

住友グループはアサヒビール

季節感と共に季節を味わうことが分かる人には

季節に合わせて成功した「サッポロ 冬物語」

季節感あるビールです。
「冬物型」命名の由来はシェークスビアの戯曲
1988年に発売され、30年以上の長きに渡り冬の定番ビールです。
「サッポロ 冬物語」は350ml 500mlの2タイプがあり、下記から選べます。

ハイネケン フェスティブキャンペーン(キリンビール)

ヨーロッパNo.1 プレミアムビール「ハイネケン」のフェスティブキャンペーンを2021年11月1日(月)から2022年1月16日(日)にかけて実施されます。

フェスティブとは英語の「祝祭」を意味し、ハイネケンではクリスマス・年末年始の華やかなひとときを楽しみ、新しい一年を迎える喜びを家族や大切な人と分かち合うシーンを指しています。


※5 シール貼付品製造期間:2021年9月~11月予定。出荷の状況によりシール貼付期間が前後する場合があります。
引用:キリンビール 2021年10月27日ニュースルーム

という事で、キリンビールではハイネケンでクリスマス・年末年始に向けてキャンペーン(応募シール付き)を実施中です。

ストップ!20歳未満飲酒・飲酒運転。
妊娠中や授乳期の飲酒はやめましょう。
お酒はなによりも適量です。のんだあとはリサイクル。

こちらの記事もおすすめ